2012年06月26日

ハングルが旅をもっと楽しくする!------ 人気の街、明洞(ミョンドン)をあるいてみましょう。

月刊スッカラ(Suッkara) 78号(12/08)
(2012年06月21日発売) の目次


Vol.78(2012/8月号)6月21日発売

■特集 ハングルが旅をもっと楽しくする!

最近のソウルは日本語の通じる場所も増えましたが、それでもやっぱり韓国語でコミュニケーションをとりたいですよね。
全然話せない‥‥‥なんて思っている人でも、「アンニョンハセヨ」や「カムサハムニダ」はいえるはず。それも立派な会話なのです。
知っている単語をつなげるだけでも想いは十分伝わります。ほんの少し勇気を出して、人気の街、明洞(ミョンドン)をあるいてみましょう。
・八木早希特別寄稿
・街はハングルであふれている
・1日のはじまりは美味しい朝ご飯から
・ゆったりカフェで1日の計画を立てる!
・クラシックにときめく明洞歴史散策
・ショッピングの嬉しい誘惑
・お待ちかねのディナータイム
・「ポケットスッカラ」で明洞の達人になる!
・旅のおみやげ&便利アプリ



CONTENTS


■ 輝ける粋(モッ) Vol.25
朝鮮時代から続く伝統文化から現代に息づくコンテンポラリーアートまで。
朝鮮半島に脈々と受け継がれてきた”粋(モッ)”を探しに、韓国文化の現場を訪れます。
・暮らしに寄り添う銀と銅の茶道具

■ Secret インタビュー
韓国で最も旬なガールズグループの魅力を探る

■ 韓国発 sukkara entertaiment stage
ソウルの地下商店街で遊ぼう!

■ Korean Talk
・そこんとこdoなの?
・教えて、朴ちゃん
・travel essay「務安で蓮に出会う」

■ Culture Pick Up! from KOREA
・ムービー、プレイ
・ミュージック&ブック

■ 連載小説 第9回「ライク・ア・ローリング・キムチ」 鄭義信
70年代後半の京都を舞台に繰り広げられる ほんの少しほろ苦い青春ストーリー。

■ 日本発 Sukkara Culture Selection
・映画/ドラマ/本/K-POP/セレクション/レポート/プレゼント/スッカラカレッジ通信
/ピープル/読者マダン/スッカラショップご注文の案内/定期購読の案内

■ 今月のソウルマップ
posted by sukara at 11:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

なつかしさが心地よい レトロ・ソウル

月刊スッカラ(Suッkara)
□ 2012/03/21発売号


Vol.75(2012/5月号) 3月21日発売


■特集 なつかしさが心地よい レトロ・ソウル

水玉模様のフレアスカート、昔なつかしのアルミ製のお弁当、アコースティックギターにフォークソング‥‥‥、
韓国では昨年からレトロ・ブームが沸き起こっています。ソウルの街にいまだ残る、なつかしい風景‥‥。
今と昔が交差する、ソウルの隠れた魅力に迫ります。

・李鳳宇特別寄稿
・レトロ・ソウル桂洞キルmap
・韓屋が紡ぎだすゆとりある時間
・韓屋の町のセレクトショップ
・町の写真館をよみがらせたい
・ふたりで作り出す温もりある空間
・守り続けたいなつかしい味
・地元の人がおすすめする美味しい店
・音楽界にもレトロブーム到来


CONTENTS

■ 輝ける粋(モッ) Vol.22
朝鮮時代から続く伝統文化から現代に息づくコンテンポラリーアートまで。
朝鮮半島に脈々と受け継がれてきた”粋(モッ)”を探しに、韓国文化の現場を訪れます。

・今、まさに拡大中 上水カフェ通りを歩く

■ ソン・シギョン インタビュー
「2012 CONCERT IN JAPAN」笑顔と涙のステージ

■ キム・コッピ インタビュー

■ スッカラチャンのKOREAN STEGE
ソウルからワンデイトリップ

■ 生活の中で楽しむポジャギ vol.5

■ 連載小説 第6回「ライク・ア・ローリング・キムチ」 鄭義信
70年代後半の京都を舞台に繰り広げられる ほんの少しほろ苦い青春ストーリー。

■ コリアンリンクス vol.50
高麗若光の会事務局次長・日本国際テコンドー国際師範 朴禎賢

posted by sukara at 13:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

いま、韓国の時代劇が熱い!------ 歴史ドラマでたどる春紀行

月刊スッカラ(Suッkara)
□ 2012/02/21発売号

Vol.74(2012/4月号) 2月21日発売


■特集 歴史ドラマでたどる春紀行

いま、韓国の時代劇が熱い! 勇猛果敢な英雄を多数輩出した高句麗、日本と深いかかわり
を持つ百済、朝鮮史上初の女王が誕生した新羅。これらの時代を舞台にしたドラマが多くの人
の心を捉える秘密とは?
そして、覇権争いに明け暮れる日々の中、闘う者たちの心を癒してくれたものはなんだったの
か━━。
古代王たちが愛した春を楽しみながら、歴史をひもとく旅へ出かけよう。

・後藤ゆり特別寄稿
・古代王が愛した桜
・新羅の春を旅する
・公州・扶余/高句麗・百済
・全州・ソウル/朝鮮王朝
・韓国の春を味わう
・古代朝鮮に秘められた十のミステリー
・古代朝鮮人物辞典
・歴史を読む
・歴史を観る


CONTENTS

■ 輝ける粋(モッ) Vol.21
朝鮮時代から続く伝統文化から現代に息づくコンテンポラリーアートまで。
朝鮮半島に脈々と受け継がれてきた”粋(モッ)”を探しに、韓国文化の現場を訪れます。

金属工芸作家に教えてもらった韓国の美とその在り方

■ 綾戸智恵インタビュー
類い稀な歌声を持つジャズシンガーに芽生えた”音楽”に対しての責任感

■ スッカラチャンのKOREAN STEGE
韓国のお正月、ソルラル

■ 生活の中で楽しむポジャギ vol.4

■ 連載小説 第5回「ライク・ア・ローリング・キムチ」 鄭義信
70年代後半の京都を舞台に繰り広げられる ほんの少しほろ苦い青春ストーリー。

■ あぎちゃぎ工房「張子のトラ」最終回 池貴巳子
韓国民画家として活躍中の池貴巳子さんと一緒に作る韓国の小物たち。
型紙付きなので簡単に手作りを楽しめます。

posted by sukara at 21:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。