2013年07月07日

黒田福美の韓国ぐるぐる ソウルから始まる6つの旅

スッカラ(Suッkara) 88号(13/夏)
(2013年06月21日発売) の目次


Vol.88(2013/夏号)6月21日発売

■第1特集 黒田福美の韓国ぐるぐる ソウルから始まる6つの旅
扉を開けるたびに違う魅力が顔をのぞかせる。韓国の地方を舞台に発見のたびを始めよう。
・開港都市、仁川
・伝統の技が残る、安城
・江華島、坡州
・利川、水原
・たくさんの笑顔を旅のお土産に


■第2特集 光と風をたっぷり取り込んで 夏のポジャギ
好きなものに囲まれた暮らしはとても幸せ。それがとびきりキレイでかわいいもの、そうポジャギだったとしたら、穏やかな気持ちで暮らせるような気がしませんか。伝統工芸のイメージが強いポジャギですが、朝鮮時代は実用品として使われていました。ものを包む、被せる、仕切る……、日常のさまざまなシーンでポジャギは活躍していたのです。夏の眩しい光をやわらかく受け止め、風にそっと揺れるポジャギは涼しさと一緒に幸せを届けてくれるはずです。

・ポジャギと夏をすごす 李京玉
・母から娘へ受け継がれてきた、ポジャギの美
・李ジニさんと歩くポジャギさんぽ
・ポジャギを作る



CONTENTS

■ ひとことで旅がグンと楽しくなる! 韓国語で旅をしよう 夏編
「ソウルでポジャギを楽しむ&地方を歩く」

■インタビュー オ・ジホ
「次はちょっと変わったラブストーリーに挑戦したい」

■自然と伝統の優しさに触れる、パワーチャージの旅 江原道

■地味だけど濃ゆい地方の旅 うますぎる群山の味名所



【連載】

☆韓国事情
■TOMO流ネイティブ道場 Lesson21「飲み会編」 藤原倫己

■韓国のフシギをいく 「ソウルの心霊スポットを探して」


☆ステキを楽しむ
■夏の手みやげ

■暮らしを彩るポジャギアトリエ 李ジニ

■みなふぁしる「躍鯉図」 池貴巳子

■スッカラちゃんが見つけた夏の韓国コスメ

■お茶とお菓子の時間 コウ静子


☆エッセイ
■暮らすハングル 戸田郁子

■韓国ぐるぐる日記 黒田福美


☆小説
■「百年の約束」 中上紀


☆漫画
■「탐묘인간(タムミョインガン)」soon


【インフォメーション】

■スッカラショップ通信

■スッカラ・カルチャー・セレクション
イベント/シネマ/ミュージカル/ドラマ・DVD/K-POP/ブック/みんなの広場/読者プレゼント
posted by sukara at 06:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。